サブディレクトリードメインの無料ブログはGoogle Adsensesを張らない方が良い? - つぶやく負け犬

サブディレクトリードメインの無料ブログはGoogle Adsensesを張らない方が良い?



初心者のアフェリエイターやこれからアフェリエイトを始める人の多くは、無料ブログサービスを利用される傾向にあります。

ネット上ではアフェリエイト初心者向けの記事の中で、多く取り上げられてられいる内容が



【無料ブログドメイン⇒将来的に危険】

メリット

●初期費用、維持費がかからないので投資費用は0円で行える。

●ブログ間同士のアクセスが見込める

●ブログサービスのドメインのパワーを受け独自ドメインよりSEOに強い


デメリット

●SEO対策では長期的にみてコンテンツ評価が同レベル程度なら独自ドメインに対し評価が不利になる

●ブログの運営の突然停止やサイト閉鎖の可能性が常にある

●ブログ運営のメンテナンス時に記事の消失の危険が有る



【独自ドメイン⇒将来的に安心】

メリット

●SEO対策で長期的に運営を続ければコンテンツ評価が同レベル程度の無料ドメインより評価が有利になる

●SEOに強いシリウス(SIRIUS)やワードプレス(WordPress)といったテンプレートが使用出来る

●記事編集やカスタマイズが自由に行えるので独自性を出せるのでSEO対策が施せる

●運営を続け放棄しない限りドメイン自体に価値が生まれ資産となる


デメリット

●初期費用や維持費がかかる

●評価0からのスタートなので無料ブログに比べ初期はSEOが弱い




確かに月、何十万、何百万と稼いでいるアフェリエイターにとっては大切な内容だと思われますが今からアフェリエイトを始める人やすでにアフェリエイトはしているが、無収入であったり月数万円も稼がていない人にとっては
それほど気にする事はない。

何故なら、収入が無い又は数千円・数万円しか稼げていない段階では、無料ブログのデメリットよりメリットの方が勝っており記事消失の危険も少しの努力で回避する事が出来ます。

【無料ブログはSEOでスタート時点ですでに運営ブログサービスのドメインパワーがついている】

【記事消失の危険回避はバックデーターを外部に残せば、いくらでも無料で立ち上げられる】

独自ドメインでの運営はアフェリエイトで安定的に稼げるようになってから検討すればよい。


と、ここまで少し話しようと思った内容とずれましたが知ってて損はないので頭の隅にでもメモしておきましょう。



今日のテーマに戻します。

初心者のアフェリエイターやこれからアフェリエイトを始める人は、無料ブログサービスを利用される事をお勧めしますし、アフェリエイトの初心者向け情報商材(有料、無料を問わず)でも無料ブログから始める事を進めています。



無料ブログでアフェリエイトを始め、記事内容にマッチしたアフェリエイト広告を張りつける訳ですが始めたばかりの頃は、広告を選ぶのも大変です。


そこでおすすめなのがGoogle アドセンス広告です。


通常アフェリエイト広告はクリックされただけでは報酬が発生しませんから、記事内容と広告がマッチしないとクリック⇒成約⇒報酬発生とならないのです。


アドセンス広告はクリック保証型広告で、しかも記事内容に合わせ広告を自動で選んで表示しますからクリックにつながりやすいく成約に至らなくても、クリックされるだけで報酬が発生します。


そのような理由から初心者の方には無料ブログでアドセンス広告でアフェリエイトを始める事をお勧めしますが、注意しなければならない事が有ります【Google アドセンスの利用規約は厳しい】と言うことです。


アドセンス広告利用には1次審査、2次審査と進んでようやく使用できるようになるのですが、利用規約に違反すれば広告の掲載停止やGoogleのアカウントごと停止などのペナルティーを受けることになります。


ペナルティーを受ける一番の原因がGoogleポリシー違反

Googleの推奨しない言葉や表現を使用した場合です。

誹謗中傷、暴力的、麻薬、煙草、酒を、推奨する表現や風俗やヌード画像など社会秩序を乱すような記事や画像が有れば高い確率で利用停止になります。



ではやっと本題に入ります。

【ペナルティーを受けない為に無料ブログのドメインについて】

無料ブログでホームページ上の住所となるドメインは無料ブログサービスの本ドメイン上に自分の場所を借りるサブ方式になります。


例えば

FANブログならhttp ://fanblogs.jp/●●●●●●/

このようなドメインをサブデレクトリーと言います。


seesaaブログならhttp://●●●●●●.seesaa.net/ 

このようなドメインをサブドメインと言います。


この違いは基本的に

【本体サイトに対して、同じテーマ内のより詳細なコンテンツである場合にはサブディレクトリ】

【本体サイトに対して、テーマや役割が異なるコンテンツである場合にはサブドメイン】

というように意味合いが少し違ってきます。



ではGoogleのアドセンス的にはどうでしょう。

GoogleのアドセンスではGoogleポリシー違反でペナルティーを受けない為に事前に自分の所有サイトを


【広告の表示を許可しないブロックするサイト】

アドセンスホーム画面⇒広告の許可とブロック⇒ブロックするhttp:// ドメイン全体


【広告の表示を許可するサイト】

アドセンスホーム画面⇒広告の許可とブロック⇒管理⇒アクセスと認証⇒許可するhttp://を外したドメイン部分


このように登録し管理しますがこの登録作業中に気づきがありましたので記事にしました。

google adsense0914-01.png


サイト認証画面の右上の通知

google adsense0914-02.png
ここにはこのような事が書かれています。


通知

お客様の広告コードは過去7日間で、承認していないウェブサイトに何度も表示されました。
収益の損失を防ぐには、アカウント設定にアクセスして所有するサイトを承認し、広告を表示してください。




急いで登録しようとしましたが、エラー画面になり登録できません。
ドメインを確かめるとサブデレクトリーのドメインです。
google adsense0914-03.png

サブデレクトリーの/●●●●●●/の部分を外せば登録できるのですが、そこを外せば無料ブログの本ドメインになります。


これはどういう事かと云うと、その無料ブログサービス利用者全てのサイトを許可することになりますよね。
これは危険でしょ、自分以外のサイトにはGoogleポリシーに違反している物も当然含まれているでしょう?
自分に被害が及ぶリスクが非常に高い、このサブデレクトリー方式のドメインは登録しない事です。


まとめ

無料ブログのドメインがサブデレクトリー方式の所は本サイトから独立したサイトと扱われないのでGoole アドセンス広告は利用しない。

無料ブログのドメインがサブドメイン方式の所は1つの独立したサイトとして扱われるのでGoole アドセンス広告を利用して稼ぐことが出来る。

スポンサー リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

現在公開中!貴方の稼ぎを加速させる無料オファー一覧

brg-03.png

神さま、仏さま、他力本願で稼ぐ

brg-00.png

得意分野で額に汗して、堅実に稼ぐ

brg-01.png

情報販売で稼ぐ

Copyright © つぶやく負け犬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。