雇用主側は支払う給料には限界が有る - つぶやく負け犬

雇用主側は支払う給料には限界が有る

働き方が誰かに雇用されている、会社に勤める人にとって同じ仕事量で有れば少しでも多く給料をもらいたいと考えるのは当たり前の感情です、その為に日々努力し頑張っていると思います。

会社組織の人事評価の裏事情で書きましたが会社は組織で運営されおり収益を得てその収益の中から給料の配分を行っています、したがって会社側からすると給料の支払いに限界が有るのは当然です。
そして、従業員一人ひとりにいくら払うという配分率を決めるのが、何年かに一度の節目に昇給試験、年度毎に行われる人事考課です。

この人事考課、従業員のランク付けで学校で言う通知簿に当たります。
例として、従業員にランク付け、グループ分けした場合

A(標準を上回りよく出来る人)  ←給料5%アップ   従業員全体の10%

B(標準的な仕事が出来る人)   ←標準的な給料    従業員全体の80%

C(標準を下回りあまり出来ない人)←給料5%カット   従業員全体の10%

という様に振り分けられます。
当然、組織全体で生み出した利益を分け合うので頑張ったからと言って全員がAランクの評価を受けられませんもしその様に無条件に評価を与えたら、会社側は利益以上の給料支払いになり倒産してしまいます。

もうお解りだとは思いますが
組織で働き人より多く給料をもらうには純粋に仕事に対する取り組みより組織人としての人間関係が大きく人事評価に影響し会社の業績によって給料収入の限界が有ると言う事です。

貴方の頑張り給料所得




スポンサー リンク
タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

現在公開中!貴方の稼ぎを加速させる無料オファー一覧

brg-03.png

神さま、仏さま、他力本願で稼ぐ

brg-00.png

得意分野で額に汗して、堅実に稼ぐ

brg-01.png

情報販売で稼ぐ

Copyright © つぶやく負け犬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。